GitでcommitしてpushしてGitLabで確認してみる

Gitでローカルリポジトリを作成してリポジトリを理解する」で、GitLabで作成したリポジトリからローカルブランチを作成できました。

次は、ローカルブランチで編集し、それをcommitしてpushします。
その後、GitLabで結果を確認します。

git statusでクリーンを確認

[~/tmp/monkey/projectx] $ git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

nothing to commit, working tree clean

まだ何も差分なしです。

ファイル編集

projectxには、README.mdしかないので、これをメンテしてみます。

[~/tmp/monkey/projectx] $ cat README.md
これはgitクライアントをテストするためのプロジェクトです。

[~/tmp/monkey/projectx] $ vi README.md

[~/tmp/monkey/projectx] $ cat README.md
これはgitクライアントをテストするためのプロジェクトです。

私は猿です。

“git status”で確認します。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

Changes not staged for commit:
  (use "git add <file>..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)

        modified:   README.md

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

README.mdの編集(not staged)を検知しています。

ステージングエリアに追加

これをステージングエリアに追加します。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git add README.md

“git status”で確認します。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

Changes to be committed:
  (use "git reset HEAD <file>..." to unstage)

        modified:   README.md

README.mdの編集(to be committed)を検知しています。他の”not staged”はありません。

commit

ステージングエリアをcommitします。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git commit -m "自己紹介を追加"
[master 6eaee15] 自己紹介を追加
 1 file changed, 3 insertions(+), 1 deletion(-)

“git status”で確認します。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git status
On branch master
Your branch is ahead of 'origin/master' by 1 commit.
  (use "git push" to publish your local commits)

nothing to commit, working tree clean

ローカルブランチmasterに反映されました。(on branch master)
また、リモートブランチより1つ進んでいることが示されています。

もう一つの方法でローカルブランチを確認します。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git branch -vv
* master 6eaee15 [origin/master: ahead 1] 自己紹介を追加

リモートブランチ”origin/master”から1つ進んでいることがわかります。

“git push”でサーバ(名前:origin)のブランチ”master”にpushします。
リモートブランチとローカルランチの名前が異なる場合は、”:“と指定します。

[~/tmp/monkey/projectx] $ git push origin master

Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 8 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 311 bytes | 311.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 1), reused 0 (delta 0)
To http://gitlab.monkey.local/mygrp/projectx.git
   1100259..6eaee15  master -> master

GitLabでコミット履歴を確認する

まずは、コミットグラフを確認してみます。

projectxを開いて、サイドメニューの”Repository/Graph”を選ぶと下記のようにグラフが確認できます。

gitlabのコミットグラフ

コミットポイントをクリックすると、下記のように変更内容が確認できます。

gitlabのコミットログ

まとめ

シンプルなコミットログの作成をしました。

  • 編集
  • ステージングエリアへ追加 git add
  • コミット git commit -m “コメント”
  • サーバへ登録 git push

GitLabまとめ記事へのリンク

GitLabの他のネタを纏めています。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓GitLabまとめページはこちら↓↓↓
【保存版】GitLabまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする