GitLabでグループとユーザを作成してみる

GitLabコンテナを作る“でテスト用のGitLabをDockerコンテナで作りました。

今回は、ここにグループとユーザを作ります。

グループの作成

グループは、OSのグループとはちょっと違います。ディレクトリを掘ると、理解したほうがしっくりきます。

グループを作ると、その下にプロジェクトを作れます。プロジェクトはルート直下に作ることもできますが、グループの下に作ることで、権限の継承ができます。

会社の組織やプロダクト、顧客などでグループを作り、権限設定しておくとよいです。グループを階層化することもできます。

また、グループの下に作ったプロジェクトへ個別に権限設定することもできます。

ここでは、権限のあるユーザしかアクセスできないPrivateなグループ”mygrp”を作ります。

作成

事前に作成した管理者でログインし、トップページのDashboardで”Create a group”を選びます。

グループを作る”New Group”ページが開くので、グループ設定をして”Create group”を選んで作成できます。

GitLabのグループ作成

ユーザを作成

ユーザは説明不要ですね。

ここでは、あとでgitの使い方の確認で使う2つのユーザを作ります。

  • monkey : 自分
  • dog : 他人

作成

事前に作成した管理者でログインし、トップページのDashboardで”Add people”を選びます。

ユーザを作る”New User”ページが開くので、ユーザ設定をして”Create user”を選んで作成できます。
下記画像ではusernameに日本語を入力してますが、エラーになります。letterだそうです。とりあえず、my_accountにしました。

GitLabのユーザ作成

同じようにして、他人のdogを作ります。

追加したユーザのパスワードを設定する

上記の作成手順では、パスワードが設定されていないので、作成したユーザでログインできません。

続けて管理者でパスワード設定します。

ツールバーのスパナのアイコンの”Admin area”を開き、”Users”を選びます。

ユーザ一覧”Users”が開くので、パスワード設定したいユーザの”Edit”を選んでパスワード設定します。

GitLabのユーザのパスワード

ユーザにグループへ権限付与

ここまで作成してきたグループにユーザを追加します。

Privateなグループ”mygrp”にユーザ”monkey”と”dog”を追加します。

グループにユーザを追加する

続けて管理者で、グループ”mygrp”を開きます。タブの”Groups”で”Your Groups”から探せます。mygrpは管理者で作ったためです。他にもグループ名から検索できたりします。

“mygrp”は作ったばかりなので、何もありません。ユーザ追加は、サイドバーの”Members”です。”Members”をクリックし下記のようにユーザを追加します。

GitLabのグループへユーザ追加

GitLabまとめ記事へのリンク

GitLabの他のネタを纏めています。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓GitLabまとめページはこちら↓↓↓
【保存版】GitLabまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする