DoeckerでGitLabコンテナを作る

GitLab.comには、オープンソース版であるGitLab CE (Community Edition) があります。

自前でサーバ立てて、インストールして使えます。

社内LAN等でソース管理するのであれば、このGitLab CEが良いと思います。

GitLab CEには、Dockerイメージがあるので、それを使って検証用GitLab CEを立ち上げる方法をまとめています。

GitLab CEのDockerイメージは?

“gitlab/gitlab-ce:latest”です。Docker Hubからpullできます。

GitLab Docker images“に使い方が簡単に書いてあります。

GitLab用のdocker-compose.yml

検証用に作り直すことあると思うので、docker-composeを使います。

version: '2'
services:
  gitlab:
    image: 'gitlab/gitlab-ce:latest'
    container_name: gitlab
    domainname: gitlab.crz33.com
    network_mode: bridge
    restart: always
    ports:
      - '80:80'
      - '443:443'
      - '22:22'
    volumes:
      - './config:/etc/gitlab'
      - './logs:/var/log/gitlab'
      - './data:/var/opt/gitlab'
    environment:
      GITLAB_OMNIBUS_CONFIG: |
        external_url 'http://gitlab.monkey.local'

補足

  • “container_name”は、省略すると”ディレクトリ名_サービス名_N”になって長くなるので指定しています。
  • “network_mode”は、既存のbridgeに参加させるためです。
  • “external_url”は、サイトURLの指定です。ダミーなので、/etc/hostsに127.0.0.1で追加してあります。

GitLabコンテナの起動

下記で起動。コンソールが取られないよう”-d”でデタッチします。

$ docker-compose up -d

立ち上がるまで結構掛かるので、下記でステータス確認します。
nginxが立ち上がってれば使えるはずです。

$ docker container exec gitlab gitlab-ctl status

run: alertmanager: (pid 1598) 452s; run: log: (pid 1708) 450s
run: gitaly: (pid 1522) 453s; run: log: (pid 1597) 452s
run: gitlab-monitor: (pid 1543) 453s; run: log: (pid 1619) 451s
run: gitlab-workhorse: (pid 1504) 454s; run: log: (pid 1513) 453s
run: logrotate: (pid 1062) 508s; run: log: (pid 1572) 452s
run: nginx: (pid 1043) 514s; run: log: (pid 1571) 452s
run: node-exporter: (pid 1259) 496s; run: log: (pid 1536) 453s
run: postgres-exporter: (pid 1621) 451s; run: log: (pid 1629) 451s
run: postgresql: (pid 762) 574s; run: log: (pid 1552) 453s
run: prometheus: (pid 1573) 452s; run: log: (pid 1667) 451s
run: redis: (pid 718) 590s; run: log: (pid 1548) 453s
run: redis-exporter: (pid 1329) 484s; run: log: (pid 1620) 451s
run: sidekiq: (pid 1010) 522s; run: log: (pid 1558) 453s
run: sshd: (pid 46) 610s; run: log: (pid 45) 610s
run: unicorn: (pid 976) 528s; run: log: (pid 1496) 454s

デタッチしてますが、docker-composeのログは下記で見れます。

$ docker container logs -f gitlab

Gitlabにアクセスしてみる

“http://gitlab.monkey.local/”へアクセスすると、”Change your password”とrootのパスワード変更を求められるので変更しましょう。

とりあえず、管理者rootユーザで作業できます。

次は…

次は今回作ったGitLabコンテナに”グループとユーザを作成“します。

GitLabまとめ記事へのリンク

GitLabの他のネタを纏めています。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓GitLabまとめページはこちら↓↓↓
【保存版】GitLabまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする