Bash on Windows で X Window を動かす

Windows10で「Bash on Windows」が使えるようになりました。

「Fall Creators Update」ではβが取れて正式になるようです。

基本はCUI操作でよいですが、gnuplotやmatplotなども使いたいので、X Windowを動かすようにしました。

  • X Client : Bash on Windows
  • X Server : VcXsrv Windows X Server

上記のような構成でセットアップ方法を記述します。

X11アプリのインストール

お試しにマウスを目で追ってくれるxeyesを動かしてみます。

まずはインストールから。

$ sudo apt install x11-apps

動かすと、下記のように表示先が開けないエラーになります。

$ xeyes
Error: Can't open display:

まだX Serverを立ち上げていないので当然です。

次は、Windows10にX Serverをインストールします。

VcXsrvをインストールする

Ximingが有名ですが、「VcXsrv Windows X Server」が、最近ではよいようです。

上記リンクからインストーラを入手してインストールするだけです。

インストールされたVcXsrvを起動して下記のようにBash on Windowsでディスプレイ設定して起動します。

$ export DISPLAY=localhost:0.0
$ xeyes

ディスクトップを公開できないので抜粋してますが、下記のようにxeyesやxclockを起動できました。

設定

今後もVcXsrvをX Serverにするのであれば「export DISPLAY=localhost:0.0」は、.bashrcなどに追記しておくとよいです。

環境構築まとめ記事へのリンク

Bash on Windows の他のネタを纏めています。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓環境構築まとめページはこちら↓↓↓
【保存版】Bash on Windowsの環境構築のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする