Windows10のSourcetreeでgithubを使う

Bash on Windowsでgitがついでに入りますが、コマンドラインでgitのリポジトリ操作はつらいです。jiraとか作っているAtlassianがgitのGUIクライアントSourcetreeを作っています。

SourcetreeはWindows と Mac に対応した Git 無料クライアントです。

git bashを入れて、AtlassianのSourcetreeをセットアップします。

まずgit bashをインストール

GUIはSourcetreeを使うので、Git Bashのみインストールします。

ダウンロード

git for windows」からダウンロードします。

インストール

変更したことだけです。

インストール先は「C:\Git」にしました。

「Select Components」は、エクスプローラとの連携など不要なので、全部チェックを外しました。

PATHとか変えたくないので、Git Bash Onlyにします。

改行コードはいじらないにします。

あとは変更なしです。

$HOMEに依存する

git bashはmsys2で動くので、$HOMEに依存します。cygwinとかの名残で設定している場合はそこがホームになり、.gitconfigなどもその直下です。

Windows10であれば、c:\users\$usernameになります。

Sourcetreeをインストール

Sourcetreeからダウンロードします。

インストール

インストーラに従って設定していけばよいです。途中githabアカウント聞かれるので指定するとgithub上のレポジトリが簡単にUIでクローンできるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする