Bash on Windows 上にpython環境を作る

Bash on Windowsにpython環境を構築します。

python3系だけ使うのでpyenvやvirtualenvは不要、仮想環境はvenvを使って管理していきます。

Bash on WindowsのPythonは?

[~] $ python
プログラム 'python' は以下のパッケージで見つかりました:
* python-minimal
* python3
次の操作を試してください: sudo apt install <選択したパッケージ>  

デフォルトではPythonは入ってませんでした。

まずはPython3をインストールと思ったが。

[~] $ sudo apt install python3
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
python3 はすでに最新バージョン (3.5.1-3) です。
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  snap-confine
これを削除するには 'sudo apt autoremove' を利用してください。
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。  

入ってましたね。

[~] $ python3 --version
Python 3.5.2

バージョンは3.5.2でした。

pipとvenvをインストール

[~] $ sudo apt install python3-pip
[~] $ sudo apt install python3-venv

alias

.bashrcにバージョン3系をpythonとpipで呼び出せるようにaliasを書いておきます。

alias python=python3
alias pip=pip3

1つ目の環境を作る

venvで作成します。

[~] $ python -m venv ~/env/fx

作った環境に入るにはactivateます。環境に入ると”(環境名)”の接頭辞が表示されます。

[~] $ source env/fx/bin/activate
(fx) [~] $ pip freeze
pkg-resources==0.0.0

抜けるにはdeactivateします。

(fx) [~] $ deactivate

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする