Macのキーボード周りの設定

私がMacで変更しているキーボード周りの設定をまとめます。

まず、関連するアプリというかツールを紹介します。

  • iTerm : ターミナル
  • HyperSwitch : Windowの切り替え
  • Google IME : 日本語入力
  • Karabiner : キーボードカスタマイズ

Karabinerはキーボードを設定するアプリですが、それ以外は使うと便利になるツールです。

CtrlとCommandを入れ替える

WindowsやLinuxに近いキー操作にしたく、CtrlとCommandを切り替えています。但し、ターミナルであるiTermでは、Ctrlはそのままにしたいです。

設定方法は「MacのCtrlとCommandを入れ替える」を参照ください。

日本語入力の切り替えをCommand+oに変更する

日本語キーボードのMacでは「英数」「かな」で切り替えれます。ですが、昔からEmacsで入力切り替えをCtrl+oにしていたので、Emacs以外もCtrl+oにしています。次回MacBook Proを買うときは英語キーボードにしようと思っています。理由はググってください。特にEnterの大きさとかの議論がしっくりきます。

Google IMEのセットアップは他のサイトにお任せです。ググればすぐ見つかると思います。

セットアップ後の話です。

まずは入力ソースの切り替えをCommand+oに変更

「システム環境設定」→「キーボード」で「ショートカット」を選び、「入力ソース」で、「前の入力ソースを選択」の右側のショートカットキーを選んで、「Command+o」を押下して変更します。ついでに「入力メニューの次のソースを選択」はチェックを外して無効化します。

それだと、前に戻れないのでは?と考えるかもしれないですが、このあとで、入力ソースを2つだけにするので、どちらの方向に進もうがトグルになるので問題ないです。

入力ソースを必要なものだけに絞る

「システム環境設定」→「キーボード」で「入力ソース」を選び、左側の入力ソースを書き2つだけにします。

  • ひらがな(Google)
  • 英数(Google)

ことえりの無印の英数やひらがなは、Googleが追加されていないと削除できないので、先に上記2つを追加してから削除すると良いです。

ついでにキーリピートの設定を認識まで短い、リピート早いに変えとくと良いです。

オプションでImageUpを入れる

今どちらの入力ソースを使っているかわからなくなるので、それをわかりやすくしてくれるアプリがImageUpです。

入れてみて、わかりやすいのであれば常駐させるのがよいかと思います。私は使っています。

Windowの切り替えをOption+Tabにする

Windowの切り替えソフトはHyperSwitchを使っています。同じアプリでも別Windowとして扱ってくれます。Excelを複数立ち上げてるときなど嬉しいです。

HyperSwitchのインストールはググってください。すぐ見つかります。

まず、HyperSwitchのPreferenceで下記のようにWindowの切り替えをOption+Tabに変えます。

HyperSwitchの設定

あと、好みですが、MacのOptionのキーの位置が端っこなので、私はKarabinerで変えています。私は入力ソースの切り替えを英数とかなではなく、Ctrl+oにしているので英数が使われず空いています。なので、左側の英数をOptionに変えています。

変更方法は、KarabinerのPreferenceで下記のようにすればよいです。ついでに右側のかなもOptionにています。Emacsで使いやすいようにです。

Karabinerの設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする