Bash on Windows でホームディレクトリ変更

Bash on Windows では、Ubuntu環境を特殊なディレクトリの中に隠ぺいしています。

ホームディレクトリの下に設定やドキュメントを置くので、その下にはアクセスしやすいようにしておきたいですし、Bash on Windowsをアップグレードや削除しても残して置きたいです。

そこで、ホームディレクトリを通常使っているWindowsフォルダに変更したいと思います。

Bash on Winodowsのホームディレクトリはどこか?

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\lxss\home

で、深いパスになっています。

ホームディレクトリを変更

まず、ホームディレクトリをCドライブなどに作ります。

C:\home

これがBash on Windows上でどのパスで見えるかというと、

/mnt/c/home

です。

後は、/etc/passwdのホームディレクトリのパスを上記に変更します。

$ sudo vi /etc/passwd
(passwdの中でユーザ名の行を探し/home/xxxを変更)
${ubuntu上のユーザ名}:x:1000:1000:"",,,:/mnt/c/home:/bin/bash

変わってるか確認

Bash on Windowsをexitして、再度起動し、pwdで確認できます。

$ pwd
/mnt/c/home

環境構築まとめ記事へのリンク

Bash on Windows の他のネタを纏めています。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓環境構築まとめページはこちら↓↓↓
【保存版】Bash on Windowsの環境構築のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする