Bash on Windows のターミナルをcmderにする

「Bash on Windows」のターミナルは使いづらいところがあるので、「cmder」を使うことにしました。

追記:
emacs等のショートカットキーでcmderと重複して動かないものが多々あるのでcmderは止めました。
が、使える人がいるかもと思って、やり方は残しておきます。

cmderのインストール

cmder」から「mini」をダウンロードします。

cmderのダウンロード

ダウンロードした「cmder_mini.zip」を適当なフォルダに展開します。

展開してできた「cmder_mini」がそのまま使えるexeなので「Cmder.exe」を起動すればよいです。

Bash on Windowsの起動の設定

cmderでBash on Windowsを使うための設定をします。

Taskの追加

cmderでは、Windowsのコマンドプロンプトなども扱うことができます。扱う対象をtaskと呼んでおり、Bash on Windowsのbashもタスクとして設定すれば使えます。

設定するには、cmderのバーを右クリックして「settings…」を選び、設定画面を開きます。

「Startup」の「Tasks」を選び、「+」をクリックして新しいタスクを追加します。

名前を適当に入力します。画像では「BoW」にしています。

「Task parameter」に「-icon “%USERPROFILE%\AppData\Local\lxss\bash.ico”」を入れてアイコンをBash on Windowsに変えます。これは単純にBash on WindowsのTaskが選択されている際に、タスクバーなどのアイコンがこれになるだけです。見た目だけです。

「Commands」には「”C:\Windows\System32\bash.exe ~”」を入れます。

デフォルトを変更

cmderを起動したときのデフォルトをBoWにするには、下記画像の「Startup」を変えればよいです。

追記

結局、キーバインドがなじめず、urxvtを使うことにしました。
⇒「Bash on Windows のターミナルをurxvtにする

環境構築まとめ記事へのリンク

Bash on Windows の他のネタを纏めています。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓環境構築まとめページはこちら↓↓↓
【保存版】Bash on Windowsの環境構築のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント