集客力のあるブログとは

みなさんは、ブログにどんな内容の記事を書いていますか?

ブログで副収入を得るには、アクセス数を稼がなきゃいけないですが、単なる日記を書いても伸びません。

どんな人にどんな情報を提供するかを考えてブログを運営すべきです。と、偉そうに言っていますが、私も昨日(2017/9/1)にブログを用意したばかりです。

来年(2018/1/1)から会社を辞めて個人事業主になるので、事業収入の1つにブログでの広告収入を考えたから。

特定なコンテンツを売るアフィリエイトは敷居が高いので、クリックで報酬が得られるadsenseを広告のターゲットにします。なので、ブログの内容はアクセス数が稼げる自分の得意な内容に絞ります。

どんな内容のブログを作るか

まず、自分の専門性を考え、いくつか案を考えました。

  • ブログで副収入を稼ぐまで (本ブログ)
  • SIベンダを辞めてフリーランスになる
  • システムエンジニアが農業をする

それぞれ、どんな人にどんな情報を提供するかを整理します。

ブログで副収入を稼ぐまで

ターゲットは副収入を得ようとしている人です。

内容はブログの開設からWordpressのカスタマイズ、アクセス解析、運用などです。

私がこれからブログでアクセス数を上げて行く活動の中で、調べて検証していく内容をせっかくなので記事に残して情報提供します。この内容は世の中ありふれているので、IT周辺の知識で差別化を図ります。

SIベンダを辞めてフリーランスになる

ターゲットはシステムエンジニアで会社に不満のある人。

内容は会社の辞め方から、フリーランスとして独立するまでにやるべきことや会社員とのギャップなどです。

自分が来年初からフリーランスになり、いろいろ不安なのでそれを提供する価値はすごく高いと考えました。

また、空前のシステムエンジニア不足ですが、何年か後には今バリバリで活躍して疲弊している20代のエンジニアが転職を考えるので、その時にフリーランスを1つの選択肢として考えるはずです。

システムエンジニアが農業をする

ターゲットは親など親類に農業経験者がおらず、土地も土地勘もない人。

内容は、地域や土地選びから運用。

これは競合は少ないと思います。私が10年前からいつか農業したいなと思っていたので、実際転向するかはおいといて検索ターゲットは多いのではと思います。

ブログの収入がある程度見込めるようになったら、是非田舎で農業して生きていきたいなと思っているので、暇を見つけて記事を書いていきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする