ITエンジニアの種籾(たねもみ)

IT技術とか株式投資とか。

Macにpython環境をセットアップする

2020年 08月 28日

目次

macにpython環境を作る手順を紹介します。

入れ直すたびに、ネットで調べてますが、いろんな方法があって、毎回、取捨選択に迷うので、 最新の手段を残しておこうと思ったのがきっかけです。

最新更新日は 2020/08/28 です。

macのpythonの状況

mac(catalina)にはpythonが最初から入っています。 バージョンは「Python 2.7.16」です。

また、xcodeのコマンドラインツールをインストールすると、なぜかpython3系もインストールされちゃいます。 バージョンは「Python 3.7.3」です。

これらのバージョンは意図していないバージョンなので、自分で選択したバージョンをインストールして使っていきたいというのが本記事の目的です。

環境系の振り返り

下記が歴史も書いてあってわかりやすいです。

https://www.m3tech.blog/entry/python-packaging

私はemacsを使っていて、emacsとpipenvとの相性良くないので、pyenvとvenvで環境つくります。

pyenvは複数バージョンの準備です。pipenvもバージョン管理にはpyenvを使っています。

venvはパッケージ管理です。pyenvでバージョンを切り替えてvenvで環境作ることで、バージョン+パッケージのプロジェクトが作れます。

pyenvを使おう

macなら下記でインストールできます。

$ brew install pyenv

.bash_profileに書きを追加します。

eval "$(pyenv init -)"

あとは、以下のようなオプションを使ってバージョン管理します。

# バージョンのインストール
pyenv install 3.8.5

# インストール済みのバージョン一覧
pyenv versions

# バージョンを切り替える
pyenv global 3.8.5

venv

venvはpython3.xから使えるようになってるので、別でインストールは不要です。

以下のコマンドで環境が作れます。

$ python -m venv 環境名

環境に入るには

$ source 環境名/bin/activate

環境から出るには

$ deactivate

です。

以上です。

広告