第1回 ラズパイとは

ラズパイ

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。
日本ではラズパイとも呼ばれる。

なんとなくロボット作りたいで始めます。

システムエンジニアを15年していますが、ソフトウェアばかり。形がないのでモノづくり感がなく、家で趣味でプログラムを書いても達成感がない。

今朝、自画撮りドローンを見ていて、無性にモノづくりしたいなと思い立ち、嫁と本屋へ行ってラズパイの本買ってきました。

これから仕事ではなく趣味としてラズパイでDIYをやっていきたいと思います。

ラズパイとは

詳細はウィキペディアへお任せ。

ラズパイの仕様

どんなことができるか、仕様を整理します。最新の「RASPBERRY PI 3 MODEL B」で見てみます。

  • Quad Core 1.2GHz Broadcom BCM2837 64bit CPU
    • CPUは4コアで1.2GHz、64bit
  • 1GB RAM
    • メモリ1GB
  • BCM43438 wireless LAN and Bluetooth Low Energy (BLE) on board
    • Wi-FiとBluetooth
  • 40-pin extended GPIO
    • GPIO(General Purpose Input/Output)=汎用I/Oポート ※後で
  • 4 USB 2 ports
    • USBポート4つ
  • 4 Pole stereo output and composite video port
    • コンポジットビデオ出力(4曲)※ラズパイはちょっと特殊らしい
  • Full size HDMI
    • HDMI
  • CSI camera port for connecting a Raspberry Pi camera
    • カメラモジュールのシリアルポート
  • DSI display port for connecting a Raspberry Pi touchscreen display
    • ディスプレイのシリアルポート
  • Micro SD port for loading your operating system and storing data
    • Micro SDカード
  • Upgraded switched Micro USB power source up to 2.5A
    • 電源用Micro USBポート

わからないもの調査

GPIO(General Purpose Input/Output)

GPIO ウィキペディア
GPIOは、集積回路やコンピュータボード上の一般的なピンであり、その動作(入力ピンであるか出力ピンであるかを含む)は、実行時にユーザによって制御可能である。GPIOは”General-purpose input/output”の略で、「汎用入出力」を意味する。

実感はないですが、実行時の設定次第で様々な用途に利用できる回路みたなものでしょうか。ラズパイでググると、皆さんこのGPIO使ってLED点灯したり、温度を計測したりしています。

なにができるか

Mini PC

CPU、メモリ、ストレージ(SDカード or USB)、NIC(Wi-Fi)があるので、普通にPCとして使えます。Mac miniと同じですね。

電子工作

小型PC「ラズベリー・パイ」で自作した神作品10選の猛者たちが天才過ぎる!

下記の作品が紹介されています。一度見てみてください。ラズパイのI/Fでいろんなことができそうです。

  • スターウォーズに登場するR2-D2
  • 超ポータブルノートPC
  • 携帯電話
  • デジカメ
  • スーパーコンピューター
  • 超ミニアーケード筐体
  • スマートホーム
  • クモの動きを再現したロボット
  • 個人専用の気象衛星

で、結局何を電子工作するの?

正直、今はわかりません。

まずはLEDを点灯するところから始めて、徐々にやれること増やしていけば、できる範囲も増えて想像力も付くでしょう。

スマートホームとかいいですね、外出中にクーラーつけたり、声でライトとかテレビとか操作できたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする