GitLabでリポジトリを作成する方法

GitLab でグループとユーザを作成する方法」で、グループと検証用ユーザ2名作りました。

検証用に準備しているのは下記です。

  • グループ"mygrp"を作成
  • 自分用ユーザ"monkey"を作成
  • 他者用ユーザ"dog"を作成
  • グループ"mygrp"に上記2ユーザを developer 権限付与

今回は、プロジェクトを作って、リポジトリアクセスします。

プロジェクトの作成

まずはプロジェクトを作成しましょう。

“mygrp"のトップページを開き、"New project"を選びます。

GitLabのプロジェクト作成

プロジェクト作成ページが開くので、下記のように入力して"Create Project"で作成完了です。

GitLabのプロジェクト設定

リポジトリの作成

次にリポジトリを作成しましょう。

デフォルトは空のプロジェクトでリポジトリさえありません。
まずは、"README.md"を作って、リポジトリ作成しましょう。

デフォルトの master ブランチはプロテクトがかかっており、Owner しかコミットや push できません。これから、master ブランチで検証してくので、一旦プロテクトを外しますが、空プロジェクトにはリポジトリがなく、その変更もできないので、一旦、Owner 権限を持っている管理者 root で README.md をコミットしてリポジトリと master ブランチを作成します。

管理者"root"で GitLab にログインして、"projectx"を開きます。
プラスマークの"Create new…"、"New file"を選びます。

GitLabのプロジェクト設定

エディタが開くので、ファイル名は"README.md"で、内容とコミットメッセージを適当に書いて、"Commit changes"で Commit します。
これで、リポジトリが作られ master ブランチも作られます。

master ブランチのプロテクトを解除

続けて、できた master ブランチのプロテクトを解除します。
ブランチがプロテクトされていると、Developer が push できません。

これから、まずはシンプルに master ブランチでの操作を確かめていくので、一旦プロテクトを解除します。
プロジェクトのサイドメニューの"Setting –> Repository"を選びます。

GitLabのプロテクト解除

“Repository Setting"が開くので、"Protected Branches"を開いて、master ブランチの"Unprotect"を選択します。

GitLabのプロテクト解除

これで、master ブランチに push できるようになりました。

まとめ

今回はプロジェクトを作成し、更にリポジトリを作成しました。

また、作成したリポジトリの master ブランチに push できるようにプロテクトを解除しました。

Git

Posted by crz33