ファンダメンタル or テクニカル

ファンダメンタル分析かテクニカル分析か。

FXをしていて、またはこれから始めようとしている人で、このページを読んでいる人は「テクニカル」と答えを持っていると思います。

ファンダメンタル分析で運用します、という人はなかなかいないのではないでしょうか。

私も答えは「テクニカル」です。

ですが、そもそもファンダメンタルとテクニカルの違いや、それぞれの言い分を調べた結果をまとめたいと思います。

興味があれば、読んでいただければと思います。

そもそも「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」とは何か

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析 – Wikipedia
企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。

FXなので、経済や金利、賃金などの状況に着目して為替の動向を予測することです。

テクニカル分析とは

テクニカル分析 – Wikipedia
将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。

過去の時系列パターン=チャートを見て、未来の価格を予想することです。

結局どっちがいいの?

はじめに書いてしまいますが、どちらも同じ為替を説明しようとしており、ファンダメンタル分析とテクニカル分析のどちらが為替を予想できる、できないということはありません。

当たり前ですが、分析のスペシャリストになれるのであれば、ファンダメンタル分析でもテクニカル分析でも、どちらでもよいのです。

ファンダメンタルは経済から説明をしようとしています。当然、通貨の国同士の貿易等の経済活動が為替に影響しますし、それを予想してトレーダが売買します。

テクニカル分析は過去の時系列=チャートから市場の動向(経済活動とその予測)を読み取り予想します。

どちらの分析手法も正確に情報が読み取ることができれば、為替を正しく予想できます。ファンダメンタリストとテクニカルアナリストで異なる予想になるのであれば、どちらかが間違っているだけです。

但し、自分がどちらのスペシャリストになれる可能性が高いか、なるための敷居が低いかという点で、テクニカル分析のほうが優位性が高いと思っています。

テクニカル分析は、チャートさえあれば分析して予測できます。(スペシャリストだとして)

一方、ファンダメンタリストは、各国の経済状況、国の金利政策、主要な会社の健全性、海外資産など様々な予測に必要な要素があり、それらを一般の会社員が情報収集して理解するのは大変です。

繰り返しになりますが、テクニカル分析はチャートさえ読めればよいのです。でも、チャートから予測するのが簡単だとは言ってません。

テクニカル分析がよい理由を並べてみる

材料はチャートのみ

上記でも述べていますが、テクニカル分析に必要な材料はチャートだけです。

ブローカーの口座を開いてチャートソフトをセットアップすればすぐ分析が始められます。

ファンダメンタリストはチャートを見ないのか?

見ます。

売買を開始するときに、いつ買うのか、売るのかを決定するためにチャートを見ます。

他の例でいえば、経済状況からドル円は買いだと判断したとして、買いポジションを持ったあとドル円が下落したら、予想に反したので損切でクローズすることになるでしょう。ファンダメンタル分析で買いだと判断したのになぜクローズしたか。ドル円チャートが下がったからです。経済状況ではなくチャートを見て判断しているのです。

そのあと、ニュース等で情報を探し、何故チャートが下がったかのファンダメンタル的な材料をニュースなどから探すことになるでしょう

職人っぽい

ミーハーですが、チャートだけから情報を読み取るって「職人」っぽくて、よくないですか?

チャートはランダムウォークって言われますが、まさにその通りだと思います。簡単に先が読めるようでは誰でも利益を得られることができます。参入者の5%しか勝てないという世界なので、当然ランダムウォークに見えるはずです。

いったん話がそれますが、スロットの例で職人の魅力を伝えたいです。

大学の頃、スロットにはまっていました。朝から晩まで打ち続けて月30万くらい稼いでました。そのころは4号機で1コマの目押しができれば稼げました。目押しは経験を積めば大抵の人はできるようになるのですが、稼げそうな台かどうかを察知する能力がある人、ない人がいるなと感じてました。スロットやってる人ならあるあるではないでしょうか。

私は朝からずっと打っていると、BIGを引く間隔を、過去の経験から、数値では説明できませんが、なんとなくどこかでレンチャンし始めるなとか察知できました。

チャートに戻ると、わからない人にはランダムウォークに見える、つまり先が読めない形でも、見る人によっては100%ではないですが、こう動きそうとかわかるようになるんだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする